歩道橋

特徴

■ 支間16.0m〜25.0mに対応
■ 専用の軽量覆工板を使用(幅員2.0m)
■ 専用高欄を標準装備
■ 下路橋タイプにより路面とのアプローチが容易
■ 材料は規格品のためリース対応が可能
■ 部材をシステム化しているため、架設・解体が容易
■ 運送は10t車にて可能

橋長別質量表

設計条件

形状