斜梁

大規模開発現場に多く採用されている逆打工法は、本設の地下躯体に山留支保工としての機能を持たせます。プレロードを導入できない為、他の山留工法に比べて山留壁の変形制御が難しく、根切りの段階で油圧ジャッキを取付けた斜梁を増設し、プレロードによる押し戻しを行います。

アイランド工法は山留壁側の支保工支点と、控え杭や先行躯体を設置することにより壁反対側の支点レベルが異なる場合、切梁を斜めに架設することによって山留支保工とします。

両工法とも切梁を斜めに設置する為、当社の斜梁システムを活用することが可能です。特に球形アジャスト部材を使用することにより任意の角度に対応可能で、しかも全て鋼製部材なので確実な荷重伝達を可能とします。 掘削を伴う場合には段階的な掘削に応じて斜材(ブレース)を取付け、水平継材等の補強部材を取り付けて、掘削の進捗に応じて生ずる支持杭の変形・揺れなどの構造系の安定を保持します。