Eジョイント工法【山留め杭(SMW)サイズ違いジョイント】

  • TOP
  • 取扱商品
  • Eジョイント工法【山留め杭(SMW)サイズ違いジョイント】

従来の山留め杭サイズは、通常最大断面力・変位量により決定したサイズを使用していますが、これを深さ方向に増加する断面力に対して杭のサイズを変化させ、より経済的な設計を可能にした工法です。【特許:No.4450240】

特徴

①低コスト及びCO2の削減
・設計断面力に適合したH形鋼を組み合わせる事により、鋼材質量を減らせる為、環境にやさしいジョイントです。
・継手加工・材料費は従来と変わりません。
②施工性の改善
・梁成方向を絞り込む従来のジョイントと違い、梁成のほぼ等しい中幅・細幅のH形鋼を組み合わせることで重心のずれが無く、建て込み精度の低下がありません。