TOP工事・工法鋼製山留支保工水平切梁工法 関連情報

水平切梁工法

施工方法

工法概要

 水平切梁は山留壁オープンカット工法で広く採用されている工法です。山留壁に作用する側圧を、切梁・腹起・火打などの鋼製山留支保工で支持します。腹起は山留壁面に沿って水平に取付け、火打・切梁と接合し、切梁は平面的に格子状に設置します。これを掘削深度に応じた計算に基づいた間隔で水平に配置、床付迄の堀削を可能にします。軸力を受ける切梁の座屈防止、及び切梁の自重を受ける為に支柱(中間杭)を設置します。

 また、軟弱地盤で山留壁の変形量が大きく予想され周辺地盤の沈下を防ぐ必要がある場合には、プレロード工法(油圧ジャッキにより予め切梁に軸力を導入)を用いて切梁を加圧し、掘削後の山留壁変形量を抑止します。

 地盤条件や根切り深さ、敷地面積にあまり制限されない為、施工実績・信頼性の高い工法です。

水平切梁 集中切梁タイプ

水平切梁 集中切梁タイプ

その他の情報

施工方法
斜梁アイランド工法 グラウンドアンカー 山留主材 鋼製山留めの形状と寸法 油圧ジャッキ取扱方法
       
ウラゴメマック        
お問い合わせ