TOP工事・工法鋼製山留支保工PS工法 関連情報

PS工法

施工方法

工法概要

 PS工法(Pre-Stressing)とは、掘削により発生する土圧が、山留支保工に作用した時に山留材が掘削側に荷重を受けることを予測して、予め腹起材にプレストレスを導入して土圧を相殺する工法です。

 根切り後、腹起架設と同時にPS支保工材・PSケーブルを取り付けます。PSケーブルは油圧ポンプを使用して所定の圧力を加え、緊張・定着させることによりPS支保工材にプレストレスを導入します。

 腹起材の曲げ耐力を増大させることにより切梁材の省略が可能となり、高効率の機械化掘削、躯体構築が可能になります。(一般的には土圧が比較的かからない平面的に形の整った現場において採用されます)

PS工法標準仕様

PS工法

その他の情報

施工方法
ボルト・アンカーボルト・タイロッド 溝形鋼・山形鋼 シートパイル
お問い合わせ