test

  • アボロン杭打機 削孔注入工法
  • クローラーバイブロ ハット型鋼矢板WJ併用打込工法

アボロン杭打機とは、ラフタークレーン又はテレスコピッククレーンのブーム先端に、リーダーを取付けオーガースクリュー・モンケンを装着した併用型杭打機です。

代表的な工法である削孔注入工法は、オーガースクリューによって地山を削孔し、所定深度確認後、減速機に取り付けてあるスイベルを介し、スクリューヘッド先端より孔壁安定液として必要に応じたセメント系懸濁液を注入しながらスクリューを引上げます。スクリュー引上げ完了後、杭材(H形鋼等)を削孔穴に挿入し、各種山留杭・支持杭を打設する工法です。

また、アタッチメントを交換することによって、圧入工法・既存杭引抜工法・ダウンザホールハンマー工法などの、各種施工工法が可能です。