TOP取扱商品多数アンカー式補強土壁工法 関連情報

多数アンカー式補強土壁工法

 

特長

現場発生土の有効利用が可能

現場発生土の処理は建設工事の成否を左右する重要なテーマとなっています。
幅広い盛土材料に適用でき、補強のメカニズムからも現場発生土の利用がたやすい同工法が注目されています。

安定性に優れた補強土壁の構築

補強された盛土と合理的に分割された壁面材とによる柔な土構造物である多数アンカー式補強土壁は、
地震や地盤沈下に対する変形追従性が高く、安定性に優れています。

壁面調整機能を有するプレキャスト部材による工期の短縮

壁面と補強材との間に取り付けられたターンバックルにより壁面調整が容易に行えます。
また、使用部材はすべて工場製作のため、現場では組立作業のみで工期の短縮が図れます。

ロックアンカー工による掘削土量の低減

補強材長さの確保が難しい現場においても、ロックアンカー工の採用によって地山掘削土量を抑えることができます。
現場発生土を極力抑える国の施策とも一致する合理的な工法です。

環境にやさしい補強土壁の採用

環境にやさしい補強土壁をテーマに自然破壊を極力押さえ、土の持つ力を最大限に生かすことを念頭においています。
PC-ATM ツートンバッグ 敷鉄板(鋼板) グラウンドアンカー
お問い合わせ