TOP工事・工法打込・引抜工事SMW工法 関連情報

SMW工法

施工方法

工法概要

 SMW工法(Soil Mixing Wall)は原位置土とセメント・ベントナイト混合液を削孔〜注入〜混練し、応力材としてH形鋼を挿入して連続した柱列壁を造成する工法です。

ベースマシンである三点式杭打機に3軸及び5軸の多軸オーガーを搭載し、両端のスクリューを完全ラップさせての削孔・混練を行うため止水性に優れた壁体の造成が可能です。また、大口径オーガー(φ850〜900)や単軸オーガーによる先行削孔を併用することにより、硬質地盤や大深度施工に対応できます。

 SMWは山留壁のみならず、応力材を挿入しない無芯SMWによる地下汚染対策遮断壁など、多目的な利用方法があります。

三点式杭打機
三点式杭打機 1軸
(先行削孔)
三点式杭打機 3軸 三点式杭打機 5軸

磔層、転石層および大深度施工に適用。1軸オーガーによりSMWのガイド孔を削孔。

三点式杭打機 1軸(先行削孔)
三点式杭打機 先行削孔仕様

一般的な地盤に適用。
先行削孔併用、大口径施工が可能。

三点式杭打機 3軸
三点式杭打機 3軸仕様

軟弱地盤に適用。
削孔長 20.0m程度までの造壁に適用。

三点式杭打機 5軸
三点式杭打機 5軸仕様

その他の情報

施工方法

三点式杭打機 DHジュニア、ペガサス杭打機 ミニオーガー、パイルマン杭打機
お問い合わせ