TOP工事・工法打込・引抜工事自走式杭圧入引抜機(パイラー) 関連情報

自走式杭圧入引抜機(パイラー)

施工方法

工法概要

自走式杭圧入引抜機(パイラー)

 自走式杭圧入引抜機とは鋼矢板の圧入・引抜を行うための、油圧式小型・軽量機械で,他の工法に比べ最も効率良く、施工性・安全性・周辺環境へ与える影響等に優れた工法です。

 一般的な圧入施工は自走式圧入引抜機のチャック部へ相番クレーンにて鋼矢板を吊り込みウェブを掴みながら、機械の上下方向のストロークで地中に圧入(引抜)を行います。鋼矢板を所定のレベルまで圧入した後、打設終了した鋼矢板の頭部を専用のチャックで掴み水平方向へ移動(スライド)し、圧入→移動を1枚づつ繰り返して連続的に施工します。

 また、直接圧入施工が困難である地盤への打設についてはウォータージェットを併用した補助工法を用いた圧入施工も可能です。

自走式杭圧入引抜機
直接圧入 ウォータジェット併用

鋼矢板を直接圧入する
(Nmax≦25程度)

直接圧入仕様
直接圧入仕様

鋼矢板先端からジェット噴射しながら圧入する
(25<Nmax≦50程度)

ウォータジェット併用仕様
ウォータジェット併用仕様

その他の情報

施工方法
アボロン杭打機 FP、HiFP杭打機 DHジュニア、ペガサス杭打機 ミニオーガー、パイルマン杭打機 バイブロハンマー
       
二本構多滑車引抜機        
お問い合わせ