TOP工事・工法鋼製山留支保工グラウンドアンカー 関連情報

グラウンドアンカー

施工方法

工法概要

 グラウンドアンカー工法は山留壁背面の安定した地盤(支持層)にアンカー体を定着させ、山留壁の変形を支える工法です。山留壁に腹起し受けブラケットを取付け、削孔位置に掘削機を据え付けます。先端にビットを取り付けたケーシングパイプで支持層まで削孔し、アンカー固定液(セメントミルク)を注入します。注入量の確認後、PC鋼線とアンカー定着体で構成された引張材(テンドン)を挿入します。セメントミルクを注入・加圧し、ケーシングパイプを引き抜きます。

 腹起を取付け、セメントミルクの養生確認後、アンカーの緊張を行います。定着荷重の確認・アンカーヘッドを取付けてグラウンドアンカーとして機能させます。

 掘削内側に切梁・中間杭等が不要な為、掘削・躯体構築工事をスムーズに行う事が可能です。

施工状況

グラウンドアンカー掘削機

その他の情報

施工方法
水平切梁 斜梁アイランド工法 山留主材 鋼製山留めの形状と寸法
お問い合わせ