TOP工事・工法地中障害撤去工全周回転掘削機 関連情報

全周回転掘削機

施工方法

工法概要

 全周回転掘削機とは、高い鉛直精度と強力な押し込み力、最大級の回転トルクをもった回転式ケーシング圧入機です。

 先端に超鋼ビットを装着した大口径ケーシングチューブを全周回転掘削機にて回転圧入し、障害部外周を掘削・破砕し、ケーシング内部の破砕物をハンマーグラブにて完全除去する工法です。既存障害物を所定深度まで撤去した後、良質土または改良土でケーシング内を埋め戻し、ケーシングを引上げ障害撤去の完了となります。

 全周回転掘削機による地中障害撤去工事は施工精度が非常に高く、掘削後は良質土による完全置換であるため後工程の精度に支障を与えません。また、RC造・SRC造・場所打ち・既成杭と、あらゆる地中障害に対応できます。

撤去された地中障害

撤去された地中障害


その他の情報

施工方法

コアケーシング ロックオーガー BG掘削機 ダウンザホールハンマー、ノバルハンマー
お問い合わせ